読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月ももう終わりなんですね

気温の変化が激しい、のか風邪気味です。
ビタミンのCを中心に多めにとってみました。
効きますね〜、けっこう。

詩の続け方って色々ありますよね。
リーディングパフォーマンスにかける人は
イベントを開いて発表し、人が集える場所を作る、とか。
(↑楽しいけど、私はちょっと遊びにいくくらいがいいです)

テキストにこだわる人は、一人で地道に詩誌へ投稿し続けるとか
(↑私には、けっこう精神的にハード)
仲間と話し合いながら、同人誌で発表するとか
(↑なんでもいい、方針がはっきりしてると参加しやすいように思います)

即売系のイベントで、手作りの詩集、同人誌を売ったり
そこでの人々との交流を楽しむとか。
(↑私的には、プラス「売る」という、ちょっと辛い行為で
 詩の世界を理解するヒントを得たいときがあります)

私はしょっちゅう、詩と関わることをやめてしまおうと思います。
だいたい調子が悪くて、いっぱいいっぱいの時ですね。
良い距離感っていうのが難しい。首を突っ込むと深入りする。
私の場合「もうどうでもいいや」って気分の方が
好きなときに好きなところだけ、詩を味わったりできるんですよね。


まだまだ詩集は作らないぞ!おー!


読書メモ:

数時間で読み終えました。
ひらがなも多く、わかりやすい。だけど大人っぽいなぁ。
「上手〜」とたびたび呟いてしまった。
木葉のくせに生意気だぞ。(ジャイアン風に)