北爪満喜さん詩集「Bridge」

 

 

 

いろんな感情が混ざり合って、何と言うか。

 

水が色々な形で登場するからか

情景からの心象で

なめらかに運ばれてしまう。

しんしんとしたテンポの中で

記憶したい行に出会う。

例えば

「まだ落ちてこない雨が」

「星空の下で割れてしまいたくなる」

 

消えられないものたちとの対話。

私は最近弱りがちな両親のことを

最近はいつも考えているからか

胸をしめつけられる箇所があり

一気に読めなかった。

切ない…←(もっと良い言葉見つけたい)

 

最後の詩「Bridge」はすがすがしく

希望を感じた。

今後も時々開く詩集になりそうです。

 

ココア共和国12月号

今回も投稿してまして、

佳作集Ⅱに選んで頂きました。

「崖の上から」木葉

電子版のみに掲載して頂いてます。

 

 

さて、今年最後の面白かった人ー!冊子。

今月の投稿詩、何かが似てた感じしました。

気のせい?

そのせいか皆どこか良いと感じてしまう。

何の権限もない趣味のくせに言います。

選ぶの難しかった。二回読んだ。

結局、最初のインスピレーションに頼った。

 

 

檸檬さん

「くーしゅりーむとマンホールの蓋とメリークリスマス」

「くーしゅりーむ」と「期日前投票に一緒にいった」

時間の経過、子の成長。

それをさらに月のマンホールの蓋の重さの話が絡んで

ほんと美しいメリークリスマスなんですわ。

子のいない私にも最後の一行が強く伝わりました!

 

小高功太さん

「こだまでしょうか、いいえ、こだかです。」

もうお名前とタイトルだけでわかるでしょう。

予想通りに笑ったから私の負け。

 

横山大輝さん「エーテル

小さな散文詩。キレイ!正統派?

一見難しそうに見えるけど

呼吸とかリズムとか気持ちいい。

 

 

ツチヤタカユキさん「幽霊地球」

ラストが来るまでは

連ごとに断片、断片、って感じがして

かなり自由な詩に見えましたが

つながってましたね。

「スキップ機能付きの走馬灯」とか

発想と表現が素敵な言葉が

いろいろとありました。

 

みなもと音聖さん「かたわれ」

恋愛ドラマのような一行で始まるけど

二連目から強炭酸とグミの比喩。

それを最後まで貫いていて

違和感なく薄まることなかったです。

相性いいのかな。

 

西山真周さん

「さようなら全てのモーガン・フリーマン

これも甥っ子の成長のお話だけど

大人になる時に多く失ってゆく話を

モーガン・フリーマンの数で表してます。

なぜたくさんいたのか。

甥っ子ちゃんに愛着わいて

他人なのに寂しい。

笑えて切ない詩、理想です!

 

 

番外?七寒六温さん「天才のための詩」

解読できなかった。

解読しようとしてるだけで

もう策にハマってるのかな。

何が正解なの?!(笑)

 

 

雪柳あうこさんとか

安心感だけでなくお見事な感じするし

現代詩お嬢様さんも

面白い言葉をずんずん出しくるし

ブレないのもすごいですね。

 

 

二回目で魅力を発見する詩も

いくつかあって、あれもこれもー

っていう気持ちに蓋をするのが大変。

ココア共和国さん凄いなぁ。

佳作集も併せてすごい数の詩。

 

私はココア共和国に投稿して、投稿詩読んで

また詩に対する考えとか

変わったような気がします。

書くのは相変わらずむずかしい~

 

 

このはつづり―詩のいろいろ

 

詩の賞について秋(改)

詩の賞について

 詩の賞は、大きなものは詩集単位での応募がほとんどです。
 つまり応募するのに詩集を作る必要があります。
 一篇の詩から応募できるものは:
 詩の雑誌での毎月の(季刊なら季節ごとの)投稿で、
 年間通して優秀な新人を選ぶもの、 
 または都道府県、市町村などが開催する賞などがあります。



詩と思想新人賞  第29回受賞者 雪柳あうこさん (年末)
            

現代詩手帖賞   第59回受賞者
            蜆シモーヌさん
            詳しくは現代詩手帖2021年5月号(雑誌)にて。

季刊びーぐる新人 
            佐野豊さん 
            詳しくは 季刊びーぐる(51号)


ココア共和国  月刊 ココア共和国 2021年4月号に掲載   

月刊ココア共和国に2編以上投稿した方は審査対象

秋吉久美子 八城裕貴さん

いがらしみきお賞 能美政通さん

YS賞 真土もくさん(毎年年1月1日現在で20歳未満の方) 

ユリイカ新人 千種創一さん


以下は、主に詩集単位での応募の賞を
おおざっぱまとめてゆきます。
少しずつ更新してゆきたいです。(見切り発信m(_ _)m)
もれているものや、間違っているものなど、
ご指摘いただけるとうれしいです。


鮎川信夫  2010年~鮎川信夫現代詩顕彰会
 1月1日~12月31日までに刊行された詩集、詩論集 
(詳細は思潮社サイトhttp://www.shichosha.co.jp/「編集部から)
第10回 詩集部門:
中尾太一ナウシカアの花の色と、〇七年の風の束
第10回 詩論部門:
四方田犬彦詩の約束

伊東静雄 1990年~ 伊東静雄賞顕彰委員会 一篇での応募
長崎県諫早市芸術文化連盟
第31回 おおむらたかじ 「ひまわりがさいている」

H氏賞 1951年~ 日本現代詩人会  公募はしない
H氏賞と現代詩人賞の項目 
第71回 石松佳 「針葉樹林

大岡信 2020年~朝日新聞社明治大学
第二回 岬多可子あかるい水になるように

小熊秀雄 1968年~  小熊秀雄賞市民実行委員会 1月1日~12月31日までに刊行された詩集
 〆切り1月31日  
第54回 冨岡悦子「 反暴力考」 高岡修 「蟻」

小野十三郎
1999年~ 社団法人大阪文学協会
小野十三郎賞実行委員会〉大阪文学学校HP 前年7月1日~当年6月30日までに刊行された詩集または詩評論書
NEW! 第23回 詩部門  冨岡悦子 「反暴力考」特別賞 青木由弥子 「しのばず」 颯木あやこ 「名づけ得ぬ馬」 評論部門  奨励賞 九里順子 「詩人・木下夕爾
 
現代詩人賞 日本現代詩人会
H氏賞と現代詩人賞の項目)
第39回 鈴木ユリイカ 「サイードから風が吹いてくると


詩人会議新人賞 詩人会議 公募は新人賞のみ
詩部門

吉岡幸一 (入選)  「名前」
生田麻也子(佳作)  「羽化」
小田涼子(佳作)  「母のミシン」
渡邊あみ(佳作) 「青いマフラー」



壺井繁治 (春) 詩人会議
第48回 清野裕子 「賑やかな家」

土井晩翠
現在休止中 1960年~ 土井晩翠顕彰会  
仙台文学館 斎藤恵子 「無月となのはな 」
晩翠わかば賞 第57回 一篇での応募 東北地方および仙台市の国内姉妹都市の小学生     
晩翠あおば賞 第57回 一篇での応募 東北地方および仙台市の国内姉妹都市の中学生


富田砕花賞 富田砕花顕彰会
共催:芦屋市
芦屋市教育委員会 芦屋市 教育・文化・スポーツ 文化・歴史 文化事業
前年7月1日~当年6月30日までに刊行された詩集  〆切7月30日
NEW! 第30回 北爪満喜 「Bridge
永瀬清子現代詩賞 NPO法人永瀬清子生家保存会 一篇での応募
第3回 清中愛子 「撫子の偽り」 


中原中也賞 1996年~ 山口県山口市
中原中也賞運営委員会
後援:青土社 角川書店 前年12日1日から当年11月30日にまでに刊行された詩集 
 詳しくは中原中也記念館(中原中也賞の項目)
第25回 小島日和 「水際

福田正夫 1987~福田正夫詩の会
第34回 遠藤ヒツジ 「遠藤ヒツジ詩集『しなる川岸に沿って』

福島県現代詩集賞
NEW! 第4回 空野禅「秋晴れだけど」


詩人クラブ三賞  日本詩人クラブ

日本詩人クラブ賞    第54回 武子和幸 「モイライの眼差し
日本詩人クラブ新人賞 第31回 海東セラ  「ドールハウス
日本詩人クラブ詩界賞 第21回 河津聖恵  「「毒虫」詩論序説ー声と声なき声のはざまで

小、中、高生にはカナリア賞があります。


丸山薫 (秋) 愛知県豊橋市 前年4月1日~当年3月31日 〆切6月30日
NEW! 第28回 山本かずこ「恰も魂あるものの如く

丸山豊記念現代詩賞 第25回 白井明大 「生きようと生きるほうへ」  第25回で終了


三好達治 2006年~ 大阪市 (協賛 福井県)
第15回 佐藤モニカ 「世界は朝の」
     与那覇幹夫 「時空の中洲」

横浜詩人会賞 横浜詩人会
第51回 今鹿仙 「永遠にあかない缶詰として棚に並ぶ


現代詩花椿資生堂  前年9月1日~当年8月31日に発行された全ての詩集
第35回 井坂洋子 「七月のひと房」   第35回で終了

萩原朔太郎 萩原朔太郎賞の会 群馬県前橋市 協賛:東和銀行 協力:新潮社
NEW! 第28回 岸田将幸 「風の領分

高見順 1971年~ 高見順文学振興会 12月1日から翌年11月30日までに刊行された詩集
第50回 江代充 「切抜帳

藤村記念歴程賞  同人詩誌「歴程」 
NEW! 第57回 小田久郎
          
歴程新鋭賞
NEW! 第32回 該当者なし


詩歌文学館賞 詩部門 日本現代詩歌文学館
第36回 森本孝徳 「暮しの降霊
結果は文芸誌「すばる6月号

 

マーサ・ナカムラさん詩集「雨をよぶ灯台」

 

 

すごい。

現実かと思いきやあり得ない事象が起こる。

昔の映画のような淡さをまといつつ、

「生と死」が突如現れて

悲しむ間も与えないくらい

スーッと切り開かれる。

滑稽に思えるときさえある。

「現実」という言葉にこだわってる

自分がおかしい気がしてきました。

第28回萩原朔太郎賞受賞詩集

 

 

詩って本当に何ですかいね。

 

 

 

 

このはつづり―詩のいろいろ

 

ココア共和国11月号

びっくり。

こんなこと言うのもなんですが

今回の詩はダメだと思ってたので

冊子に掲載して頂いてうれしいです。

傑作集Ⅲ「メッセージ」です。

はつかねずみが出てくる詩です。

 

 

さて、今月も面白かった人ー!

詩って読むときの気分が影響しますね。

なるべく選んで読み直す。

 

青木桃子さん

「オレンジ色のケーキ、黄色のばあちゃん」

にんじんケーキを作る過程で

「ばあちゃん」を思い出している。

あっけなく詩が終わった感じがした。

で読み返せば、魅力がどんどん見つかる。

書き方を習った気分になりました。

 

平松秀章さん

「絵画の迷子」

物語っぽい作品が多い

ココア共和国の投稿欄?において

「詩!」って感じするタイプ。

韻文?声に出して読みたい。

物語もありますよねぇ。

終わり方めちゃ好きです。

 

井上菜ズナさん

「遊泳」

ワタシが貴方に何をしたのか、

だけならよくあると思う。

二連目では受動になり

三連目は一行「」のみ

四連目は最後の行

「バイバイ 砂漠のような貴方の目」

なんかその運び方に

しびれてしまいました!

 

中原賢治さん

「清掃から焼却へ」

これは復讐なのか?

いや、主人公が純粋に

清掃を追究して焼却炉と出会い

ついでに考えたと思いたいです。

「いずれ、掃除の業務も外されても」

から先は考えているだけで未遂。

でも壮大な視野で優越感を獲得か。

 

和本果子さん

「タイムカプセル」

今回声出して笑った唯一の作品。

全体穏やかに読んでたんですが

タイムカプセルのお菓子の空袋の

「なにがなんでもこれが一番!」

この一言がツボに入ってしまいました。

時を越えて熱い想いって届くんだなぁ。

 

 

今月もまだまだ面白いのありました。

向坂くじらさんとか木崎善夫さんとか波崎佑さんとか

すごい面白いし、形きれいだし。

現代詩お嬢様さんも絶好調。

あちさんは、私ファンになりかけてます。

 

今回、詩の終わり方が気になりました。

意外だったり気持ち良かったり

その秘密を知りたくなりました。

勉強なりましたー

ではまた。

詩集できました!

ついにできました。

詩集、200部 二箱届きました。

冷静に受けとめたはずが

けっこう夜眠れなかったです。

不思議。
f:id:seek4158:20211026231253j:image

「アーベントイアー」

七月堂さんから 1650円(税込)

 

(ちなみに「アーベントイアー」は

 ドイツ語で「冒険」という意味です)

 

川口晴美さんに帯の言葉を

書いて頂きました。

特に望まなかったら

帯なしで進むところでしたが

私がここはお願いします!

とこだわったところです。

 

でも出版社さんによって

進め方は違うでしょう。

私の場合は、

大阪-東京と離れていたため

ほとんどメールのやりとりでしたが

行き詰まった時に

電話してよかったと思いました。

社長のお人柄とか

伝わって来てホッとしました。

 

もし、もし、読んでみたいと

思って下さる方がいらっしゃったら

はてな含めSNSのメッセージでお知らせ下さい。

ゆうほど知られてないけどね。

 

応援して下さった皆さんや

ブログ読んで下さってた方々に感謝!

 

このはつづりー詩のいろいろ

念校、表紙カバー、帯

ずいぶん、ブログ空いてしまいました。

いろいろありました。

いや、あったのかな。

 

でもついに念校を送りました。

これで直して頂いて印刷へ。

念校なのに直し4カ所あって

自分でガッカリ。

そのうち二カ所は

「読点を省いてもらう」だったので、

私は細かすぎるのかな、

と思いました。

 

行分けで、同じような行に

「、」があるのと無いのとあって

『ルール決めとけ!』と

自分に心で突っ込みました。

 

表紙カバーは

私のラフなものを

素敵に仕上げて頂きました。

フリーのイラストちょっと入ります。

色で悩み過ぎた・・・

明るい目立つ詩集に少ない色と

詩集で無難な色と迷いました。

結局、無難な色にしたつもりです。

悪目立ちを恐れたんです。

出オチみたいに表紙オチ。

中身に自信がない。

 

一番うれしかったのは帯!

サンプルが来て確認。

引き受けて下さった詩人さんの

本当に温かいお言葉に

胸がいっぱいでした。

お忙しい中、ありがたい!

よく考えたら自分のような

なんも実績ないものに

これもご縁だからと

丁寧に読んで下さり

想像したよりたくさん

言葉をくださいました。

 

いろんな方に

もうあと少しと言われ

緊張しています。

どこまで気ぃ小さいの。

 

 

 

このはつづりー詩のいろいろ