読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとんどお休み状態

詩の世界で何をしてゆくのか
ほとんどわからなくなりました。

サイトをいじるのは好きなんで
ノンビリと続けます。
そういえば、自分の作品の少ないサイトやな〜

旦那さんの仕事の都合で
関西と関東を行ったり来たりしてます。

その落ち着かなさと、
個人的な将来の不安へと
昨年から人に対して自信なくなって
まだ復活できず(>_<)

まぁ体調悪いの続いてて
結局カゼなのね。
それ自体は症状かるいのに
全体の調子が落ちてツライので
行動が限られすぎ。


同人誌は八月末に「ねこま2号」が出ました。
いつも迷惑かけつつ参加させて頂きました。

なんやかや、この世界につながり持っていたくて
出会った人々とも交流していたいですよー

ほんとに今、同人誌参加とサイトや詩のニュースのブックマークだけですね。


まあ、少し体調取り戻せたら
視野が広がりますのでー

今日は寝ます

ベンズカフェの思い出2

ベンズカフェの思い出を
続けて書こうと思いつつ
だいぶ経ってしまいました…

スラムに参加したとき
「京都は気まぐれ」
という詩を読みました。
外国の方が優勝した日。
自分の順位は記憶にないから
たいした成績じゃなかたんでしょう。

一人のイギリス人の青年が
「あなたのボーイ・ジョージの詩、良かった!日本語はわからなかったけど」
と声をかけて下さいました。

そうその詩にはカタカナで
「カマカマカマカマ カマカメーレオン」と
「ユカーマンゴーユカーマンゴー」を
ときどき差し込んでいました。


家から読む詩を決めてきたし、
その日のお客層も現場で知ったんで
偶然の国際交流?に喜びました。
どこの街の出身か聞いて
ポーツマス」と答えられたように思う。
そのあとなんて言われたのかわからなくて
愛想笑いごまかして去ってしまった。

そんなこともあった場所でした。

木棚環樹さんのメルマガによると、
後にお店のオーナーは日本人の方に変わったんだそうで。


先日、イベント最後の日の帰りに泣けてきたのは
昔を思い出して…なんだけど、
今の私どうしちゃったのよ?!
という感じでした。

七年くらい前は怖がらず
突き進んでいた。
「知りたい」が突き動かす行動力で危なっかしいこともあった。
その頃の知り合いが
久しぶりに声をかけてくれたりすると

今はなんでも怖がって動けずにいる自分
が浮き彫りになっちゃって
情けなくなったんだな…

相変わらず、あの頃に戻りたいとかは思わない人間ですが
形を変えてエネルギッシュな自分は取り戻そうと思ったわけです。

とひあえず、今はただぽよ〜んと
楽しんで暮らせるように努めます。

ベンズカフェの思い出 1

今日は高田馬場ベンズカフェでの
ポエトリーリーディングのイベントの最後の日でした。
小銭投票のスラムは先月が最後だったというのもあって
詩に関わる人が名残惜しむようにたくさん来てました。

私個人は7年前ですか…
詩のイベントに行き始めに
オープンマイクっていう
誰でも参加できるスタイルに
すっごいおもしろいものに出会った!
って感じでした。
「詩の朗読」って名前が堅苦しい気がしてたのに
なんかアメリカから入ってきた
カフェでやるスタイル。
しかもベンズカフェは外国の方がオーナーで
よく外国人のお客さんもいましたね。
西洋かぶれの私はそういう雰囲気が好きで
しかもケーキとか飲み物もオシャレで美味しい。
詩のイベント以外の昼間に来て
友達としゃべったりしました。

関西の人も中部の人も会いましたよね。
人気者のリーディングがテレビに取材されましたね。

最初のころ、熱心にイベントレビュー書いてました。
不器用だから同時進行ができないと
テキストに専念するために朗読しなくなったけど
見ちゃうと入り込み過ぎるので
気軽に楽しめる日までお休み、と思ってたら
そうですか…
ベンズカフェが閉店する日が来るなんて
想像しなかったです。

ショックかというと鈍いので
よくわからなかったけど
早めに帰った電車の中で
こみ上げるものを抑えるのが大変でした。

もろもろとうきしずむ

詩について、しばらくお休み気味でした。
体調もいまひとつ、詩作もいまひとつ…

同人誌の酒乱を脱退しました。
考え方が合わなくなりました。

でも正直、少しホッとしました。
編集委員としては力不足だったんで。

詩誌への投稿も途中で力尽きた。

しばらくはゆる〜く気まぐれに
詩と関わっていこうかな。

第十一回文学フリマレポ

「詩」というジャンル、ばらけたいよね?
とか言いながら、よく知った詩の友達が隣のブース
すごく助かりました。

今回は詩誌酒乱(S-14)で出展でした。
商品は基本詩誌酒乱の在庫1号〜4号。
それと前日とつぜん作った私のミニ詩集「ぽえむっしゅう」
あんまりがんばる予定じゃなかったので
ゆる〜く過ごしました。
買ってくださった方々、ありがとうございました。
去年より見て回る方も楽しめましたよ。

でもふと思ったのが大展示ホールのよりも
小展示ホールくらいのほうが楽しげに見える。
私だけかしら(笑)
大展示ホールのあのだだっ広さは
「う〜ん全部は回れないよ…」という気分になって
チェックした場所しか行かないような。

でも今回は「はてなハイク」の文学フリマのキーワードで
ご挨拶した人を訪ねたり、新たな楽しみに出会えました!
今回もスタッフさん、ありがとうございました。
http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20101205

書き添えたいこと:
昨年末旅立った知人と最後に会ったのは
昨年12月の文学フリマだったこと。
可愛い詩的小物を作って売っていたこと。
今年は詩集に姿を変えて参加されていたこと。

repure展です!10/9〜11

善福寺のほとりで詩を楽しむ

同人誌repure10号を記念して
三日間のイベントです!

善福寺公園すぐの葉月ホールハウスで
12〜18時まで同人の作品を展示。
9日は17時からパーティー&朗読会です。
10日は14時からワークショップ(合評会)
詩を持参して参加して下さ〜い。

葉月ホールハウスは
荻窪駅の北口から関東バス善福寺公園前まで行って
そこから公園沿いに徒歩一分。

詩に興味ある方もない方も
お近くまでいらっしゃる方も
お気軽に遊びに来て下さいね〜〜〜

たまには気軽に

8月末は酒乱5号の〆きりでした。
私は散文は相変わらず下手です。
詩論はむずかしい。だからまたエッセイ風…
しかも幼稚な言葉です。とほほ。

これから、編集会議をしないと…ですね。

最近は酒乱HPの同人プロフィール
望月遊馬さんが更新して下さって
本当に助かっています。
http://shurandx.web.fc2.com/

リレー詩アップしたいですね。
事情があって載せることができなかったんです。
参加していただいた同人の方に申し訳ないし
なんとかしてみたいと思います。

読書メモ:

最近ブログを始められた
神山倫(こうやまあきら)さんid:akira-kami
の詩集
「かがみ」という詩が一番好きです。
短くて笑える、なんか切ない感じもします。

こころえ―神山倫詩集
神山 倫
ミッドナイト・プレス