読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉読Vol.18 東西オープンマイク大阪篇

吉読大阪行って来ました。
めっちゃ面白かったです。
オープンマイクのイベント久しぶりだったんで、
新鮮に味わえたのか、この日レベル高かったのか、
けっこう笑いました。

もちろん笑うとかじゃなく聴き入るのもあって、
思いつきでぐだぐだテキスト読んだのって
私くらいじゃないですか?
それも忘れて楽しむ方に専念してました。
オープンマイクと言っても、みんな出来上がってるー。

聞き入ってしまう人って、リズムが無理なく心地よい。
そうかリーディングって、
しっかり聞かなきゃいけないんじゃなく、
ぼぉ〜っと聞いてていいんだ。
良いものは勝手に引き込まれるんだな、なんて思いました。
ゲストのchoriさんなんかは、
どこを切り取っても気持ちよく楽しく、
なるほどってなりました。

そうかと思ったら、お名前を失念、
日常のエピソードを語るみたいに、
土偶のヒーローに助けてもらった話とか何なのよ(笑)。
信楽ていう場所が破片を想像させて良かったです。

あと「チャンネルサーブ2013」の方、
何年もやってるらしいけど完璧!素晴らしい作品でした。
こういう言い方ダメかしら?
完成度でゲラゲラ笑わされるの気持ちいいですね。


最後は主宰の守山ダダマさん、
イデア満載で楽しませてもらいました。
「弦稿=TEXTRINGS」とは、なんかいいなぁ。
ちょっと悔しい気分になる。
また、こういう集う場を作って下さって感謝。
大変だと思いますが、本当に行って良かったです。

会場は西天満のMAGGYというところ。
入り口の扉が小さくて見落としそうになる。
でも中はカウンターに椅子席、
小さな板間のステージとちゃぶ台、座布団席
さらにカウンターの上、2階にもスペース。
でもここが、ちょっとした屋根裏みたいな雰囲気で
ステージも良く見えて快適です。
でも今日は全部ギュウギュウ

開始前から予想より人が集まってて
告知が良かったのか、
関西は詩のイベントに飢えてるのか、
いや、これはと思われるイベントを開いてる方はスゴイです。
いやさらに、集まらなくても
イベント開いてみようって人もスゴイです。

と、いつも乗っからせてもらってばかりの私でした。

以上