読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第18回 「詩と思想 新年会」 at NHK青山荘 in 表参道

表参道!
こういうところでのイベントって初めてな気がします。
優雅ね〜。そして今日はホテルみたいなところで立食。
くふ。新年ですね。会費は6000円。

きっかけは同じ「酒乱」同人&編集委員の伊藤浩子さんが
詩と思想新人賞を受賞されて、今日は授賞式&懇親会だったのです。
何の役にも立たない私ですが、かけつけました。

会場をのぞくと、お着物の伊藤浩子さん。しっとりとキレイです。
野村喜和夫さんや酒乱同人や、元同人の廿楽順治さん
100人以上いるかと思われる賑わいの中、知り合いにホッとする。

開会の言葉、来賓のご挨拶、選考過程、選評 
お名前を存じ上げている詩人さんたち、お話みなさん面白いんですよ。
特に新川和江さんの「選者の時も『教えて、教えて』という気持ち」
という言葉が印象的でした。

伊藤浩子さんによる受賞作品「私は」の朗読は
音楽ユニット「ロッサ」http://www2.ttcn.ne.jp/~ktanaka/
の方々の演奏の中、
ちょっとハスキーでしみ入る声で心地よかったです。

懇親会は積極的に…食べたぁ〜。お料理美味しかったです!

もちろん色んな方と挨拶しました。知らない方と話したり
共通の知人がいたり、という広がりが楽しいですね。

二次会も少しだけ参加して帰りました。
う〜〜〜ん、これからの詩との関わり方、考えさせられますね〜。
難しいことは今はいいや。
「行って楽しかった」という答えだけ浮かびました。